本文へスキップ

ベイオーク会場専門の中古車オークション代行店です。

誰もが買いたいと思える、キレイな車は高く売れる

少しでも高く売れるように 車買取り店も努力しています。

必ず洗車をおこない、ワックス掛けをして、見映えをよくしましょう。 ボンネットとトランクフード、そしてウィンドウは特にキレイにしましょう。 車内は掃除機を掛け、フロアマットもキレイにして、内側の窓ガラスも拭きましょう。 汚い車より、キレイな車が高く売れるのは当然です。 時間と手間を掛けてキレイにする価値は十分にあります。


車内の消臭に努めよう。

タバコの臭い、ペットの臭いなど、ちょっとしたニオイでも気になります。  臭いが強いと思われる場合は、車専用の消臭ケミカルを利用し、少しでも臭わないように努めましょう。買取り査定を行なっても、喫煙車と禁煙車、無臭の車と 何か臭う車の場合は、明らかに後者の方が、査定金額は高くなります。  


小さなキズは補修しましょう。

年式相応の小さなキズがあるのが普通なので、マイナス査定になることはあまりありません。 目立つキズが複数ある場合はマイナス査定になる場合がありますので、補修ペイントやタッチペン、コンパウンドなどで自分で補修しましょう。 補修することにより傷が目立ってしまったりすると、逆効果になることもありますので、補修技術に自信の無い方はそのまま出品しましょう。  


大きなキズやヘコミは修理しないで出品しましょう。

大きなキズや凹みは修理しないで、そのまま出品しましょう。 大きな傷や凹みはマイナス査定となりますが、修理代を払って修理した場合でも、その修理代をカバーできるほど、落札価格に差がでないと思います。

中古車販売業者は自社整備工場などで安く修理できますので、多少のキズや凹みも修理せずにそのまま出品しましょう。 もちろん知り合いの整備工場など格安で修理してくれるのであれば、お願いしてみても良いでしょう。

車両保険に加入している方は、翌年以降の保険代のUP率を考慮して、車両保険を使って修理したほうがお得な場合もありますので、保険会社や査定会社などに相談してみても良いでしょう。  


保証書・整備記録簿

整備記録簿(定期点検整備記録簿)」がある場合は、売却時に必ず用意しておきましょう。 高く売れる材料になります。保証期間が残っている保証書はメーカー保証を継続するために必要となります。 定期点検整備記録簿があれば、その車の整備状況やしっかりとメンテナンスが行なわれていたと、買う側からすれば安心して買うことが出来ますので、これも高く売れる材料になります。  


車検の有無は 査定に関係ありません。

車検を受けてから売却したほうが高額査定に繋がると思われている方もいるようですが、売却額に大きく影響しません。 車検が1年以上残っている車と、あと1、2ヶ月で車検が切れる車では、車検が残り1年以上の方が高く売れることは間違いありませんが、車検を受けたからと言って、車検費用全額をカバーしきれるほど、高く売れません。  


後付パーツなど 社外品について

キレイに装着されている場合には高額売却に繋がることもあります。 ディーラーでは有名メーカーの高額な社外品でも あまり評価してくれませんが、中古車販売業者などはきちんと評価してくれることが多いので、高価な社外品を取り付けている場合などは、ディーラーに下取りに出すよりも、中古車オークションに出品する方が有利になります。

車検に通らないような社外品はマイナス査定になることが多いので、純正品がある場合は戻しておいた方が賢明です。 取り外して純正品を取り付けるのにお金が掛かる場合には、純正部品ありと出品票に記入しましょう。  


事故車暦がある場合には素直に申告

事故暦を申告しなかった場合で、後日 事故修復車と見破られてしまい、売却代金の減額や売買契約解除になり全額返金になることも考えられます。 出品票には事故歴やメーター巻き戻しがあっても キチンと記入しましょう。

事故を起こし修理を行なった場合にはマイナス査定となりますが、事故修復車に当たらない場合もあります。 事故車といっても、フレームが歪むような事故車から、外装のパネル交換で修理が完了する事故車まで幅広く、大きなマイナスとはならない事故もあります。 何れにしましても事故車の場合は必ず申告しましょう。





※ ベイオーク会場の取引情報だけでは充分な情報が得られない場合があります。